アメフトニュースまとめ

主に公式サイトが取り上げないような、アメフトニュースを中心に紹介します

レイブンズKタッカー、「75ヤードのFGとPATは大して変わらない」

レイブンズのKジャスティン・タッカーは歴代最高のFG成功率を誇る名キッカーだ。そんなタッカーだが、成功率だけでなく、最長キックの記録も残したいようだ。



スポンサーリンク


地元のラジオに出演したタッカーは、マット・プレーターが持つNFL記録の64ヤードを超えることに意欲を見せた。練習では75ヤードのキックを決めることもあるタッカー。75ヤードのキックもPAT(32ヤード)と変わらないアプローチで蹴ることができるという。

タッカーは、

「実際の試合で75ヤードのキックを蹴ったことはないけど、もし機会があればぜひ蹴りたいね。75ヤードのFGとPATはそんなに変わらないと考えているんだ。」

「多くの人は長いFGを蹴るためには、低い軌道で蹴らなければいけないと考えていて、ブロックされる確率が高いと思っている。ただ、俺は軌道よりも良いボールを蹴ることが重要だと考えている。特に重要なのは最初の6-8ヤード。ここをうまく蹴ることができればブロッカーの手にボールが当たることはない。軌道はそこまで重要じゃない。」

と話した。

75ヤードのFGを蹴るとすると、前半終了間際もしくはゲーム終了間際になるだろう。2017年中にタッカーのFG最長記録更新が見られるかもしれない。

関連記事ビルズWRワトキンス、「2014年世代がNFLの年俸水準を変える」

スポンサーリンク