アメフトニュースまとめ

主に公式サイトが取り上げないような、アメフトニュースを中心に紹介します

イーグルスQBウェンツ、WRマシューズのトレードは「個人的に辛い」

f:id:sabarism:20170814021850j:plain
フィラデルフィア・イーグルスは11日、WRジョーダン・マシューズをバッファロー・ビルズへトレードした。このトレードは、WRマシューズのチームメイトで親友でもあるQBカーソン・ウェンツにとって非常に辛いものだったようだ。



スポンサーリンク


トレードが発表された日、マシューズはウェンツやTEのザック・アーツと共に餞別のディナーをしたという。アーツはこの食事会について、「感傷的」だったと述べている。

ウェンツも翌12日、インタビューに答え、「マシューズの代わりを見つけるのは難しいが、チームの判断を尊重する」と話した。

その上で、「個人的な側面とフットボール的な側面がある。フットボール的な側面ではチームの判断を尊重するし、フロントの決断を信用している。彼らはチームのために最善の判断をしている。俺はそれを100%サポートする。しかし、個人的な側面では、今回のトレードはとても辛いことだ。マシューズは俺の親友だったんだ。だから昨日は落ち込んだよ。こういう出来事は初めてだったしね。」と正直な気持ちを吐露した。

また、今回のトレードについてローズマンGMから事前に相談はなかったが、直後に連絡を受けたことを明らかにした。

スポンサーリンク


ウェンツは昨シーズン、マシューズに73回パスを通した。次に多いアゴラーとグリーンベッカムの36回と比べるとダントツに多いことがわかる。

なお、イーグルスは今週のプレシーズン第2戦でビルズと対戦する。

ウェンツは今週の対戦について、「変な感じだね。本当に変な気分になると思う。楽しくはないだろうね。」と話した。

関連記事ラムズWRワトキンス、トレードは「とても驚きだった」

スポンサーリンク