アメフトニュースまとめ

主に公式サイトが取り上げないような、アメフトニュースを中心に紹介します

バッカニアーズ、ブロンコスから放出された T・J・ウォードと1年契約

f:id:sabarism:20170904120122j:plain
デンバー・ブロンコスから放出されたSのT.J.ウォード。新しい所属先はすぐに見つかった。



スポンサーリンク


NFL MediaのJames Palmer氏は、ウォードがバッカニアーズと1年500万ドル(約5.4億円)の契約を結んだと明らかにした。

クリス・コンテとキース・タンディの2人が先発Sを務めているバッカニアーズ。今オフにカウボーイズからJ.J.ウィルコックス、ドラフトでジャスティン・エヴァンスを獲得し、Sのポジション争いをさせたが、新加入の2人はコンテとタンディから先発の座を勝ち取ることはできなかった。プロボウル3度選出の実績を誇るウォードは、この2人のどちらかから先発の座を奪い取ることが期待される。

ウォードは2014年にブロンコスと4年契約を結び、今季は契約の最終年だったが、トレーニングキャンプでハムストリングを負傷し、プレシーズンを欠場した。また、ブロンコスは2016年ドラフト指名したジャスティン・シモンズ、ウィル・パークスの両Sが活躍するなど、若手が台頭していた。

スポンサーリンク