アメフトニュースまとめ

主に公式サイトが取り上げないような、アメフトニュースを中心に紹介します

ドルフィンズHC、オフェンスについて「リーグで最悪」と語る

f:id:sabarism:20170625113840j:plain

第8週のボルチモア・レイブンズ戦で、0-40の惨敗を喫したマイアミ・ドルフィンズ。この散々な試合内容に、アダム・ゲイスHCも苛立ちを隠すことができなかったようで、1点も取ることができなかったオフェンス陣について、「リーグで最悪のオフェンス」と酷評した。



スポンサーリンク


ゲイスHCは試合の翌日、「私たちのオフェンスはリーグ最低だ。これ以上悪くのも難しいだろう。私はオフェンスが酷いことにうんざりしているし、とても腹立たしい。選手たちはしっかりしなければいけない。そしてコーチ陣はもっと良い仕事をしなくてはいけない。現在の選手たちの状況は、コーチ陣の指導の結果だ。」

と話した。

今週、負傷したカトラーに代わって先発を務めたQBマット・ムーアは、2度のインターセプトリターンTDを喫してしまった。また、ランオフェンスにも課題がある。ドルフィンズは8週連続でラッシングTDがない。これはフランチャイズ史上最長の記録となっている。昨季ブレイクしたRBジェイ・アジャイも、今季は1回平均3.4ヤードに終わっている。ゲイスHCは、ラッシングゲームの復調がオフェンス改善の鍵になるとも述べている。

ただ幸いなことに現在ドルフィンズは4勝3敗。AFC東地区3位だが、十分にプレイオフが狙える位置にいる。ドルフィンズのプレイオフ出場は、オフェンス陣の復調にかかっていると言えるだろう。

関連記事ドルフィンズHC、昨年マニングに現役復帰を打診していた

スポンサーリンク