アメフトニュースまとめ

主に公式サイトが取り上げないような、アメフトニュースを中心に紹介します

ブラウンズ、サシ・ブラウンGMを解任。ジャクソンHCは来季も続投へ

クリーブランド・ブラウンズは、サシ・ブラウンGMを解任した。



スポンサーリンク


フロント上層部の刷新は予想されていたが、この時期に行われたのは少々驚きだ。ここ2年のブラウンズは1勝27敗と、リーグ最悪のチーム状況だ。また、ドラフトでカーソン・ウェンツやデショーン・ワトソンの指名を見送ったことに対する批判がブラウンGMに対して向けられていた。

ただ、ブラウンGMは長期的な視野でのチーム再建を目指しており、この時期に解任したのは早かったという声もある。

どちらにせよ、トレードダウンを繰り返したことでブラウンズはドラフト指名権を数多く持っている。ブラウンズの2018年ドラフトの1・2巡指名権の数は5つと、リーグ最多だ。

新しくGMに就任する人物は、この豊富な指名権を生かして、良い選手を指名することができれば、短期間でチーム状況が好転するだろう。

一方、ヒュー・ジャクソンHCは、2018年も続投することになった。

ハスラム・オーナーは早ければ今週中にも新GM候補の面接を開始する予定で、新GMはすぐに決まる可能性もある。

なお、新GM候補には前チーフスGMのジョン・ドーシー氏が有力視されている。

関連記事ブラウンズ・オーナー、ペイトン・マニングのチーム上層部入りを計画か

スポンサーリンク