アメフトニュースまとめ

主に公式サイトが取り上げないような、アメフトニュースを中心に紹介します

ジェッツWRカーリー、禁止薬物が体内に入ったのは「お化けの仕業」

禁止薬物の使用で4試合の出場停止処分を受けていたニューヨーク・ジェッツのWRジェレミー・カーリーが今週復帰した。カーリーは薬物検査で陽性反応を示したため、11月6日から出場停止処分を受けていた。



スポンサーリンク


水曜日の練習後、取材に応じたカーリーは、「知ってて摂取したということはありえない。もし知っていたら、絶対に摂取しなかっただろう。ただ処分が終わった今はもう何もできない。ただ前に進むだけだ。」

と話した上で、記者から薬物が体内に入った理由について問われると、カーリーは「わからない。お化けがうようよいるから、きっとお化けの仕業だろう。 「過去のクリスマスの幽霊」*1とかね。」と弁明した。

出場停止処分を受けた直後に発表した声明でも、

「人生で一度も禁止薬物を使用したことはない。自分は良いアスリートだが、体組成を見れば、ステロイドユーザーではないことは誰でもわかるだろう。」

と、禁止薬物の使用を一貫して否定していた。

昨年49ersで堅調な活躍を見せたカーリーだが、今季古巣ジェッツに復帰してからは、8試合で22キャッチ、217ヤードにとどまっている。

関連記事ジェッツWRカーリー、出場停止に

スポンサーリンク


*1:ディケンズの小説「クリスマス・キャロル」に登場する精霊のこと