アメフトニュースまとめ

主に公式サイトが取り上げないような、アメフトニュースを中心に紹介します

セクハラ疑惑のパンサーズ・オーナー、今季終了後にチーム売却へ

f:id:sabarism:20171218103459j:plain

カロライナ・パンサーズのジェリー・リチャードソン・オーナーは、今季終了後に球団を売却することを表明した。



スポンサーリンク


先日、リチャードソン・オーナーが過去に、従業員に対してセクハラ行為を働いたり、アフリカ系アメリカ人スカウトに対して人種差別的な発言をしていたことが暴露されたばかり。事実を隠すために最低でも4人の被害者に高額の和解金を支払い、守秘契約を結んでいたことも判明し、リーグが調査を開始していた。

リチャードソン・オーナーはボルチモア・コルツで2年間WRとしてプレーした後、バーガー・チェーンのフランチャイズ権を購入。その後も飲食店事業を経営し成功をおさめた。1993年に地元カロライナにパンサーズを創設。2度のスーパーボウル進出を果たしている。

2009年に息子たちをチーム経営から外し、自身の死後は球団を売却する意向を明らかにしていた。しかし自らの行いで、予定よりも早く球団を手放すことになった。

関連記事ベアーズのジョン・フォックスHC、シーズン終了後に解任が濃厚

スポンサーリンク