アメフトニュースまとめ

主に公式サイトが取り上げないような、アメフトニュースを中心に紹介します

QBサム・ダーノルド(USC)、「どのチームに指名されても光栄」

f:id:sabarism:20171228193254j:plain

レギュラーシーズンも残すところ1試合となり、プレイオフを逃したチームは来季以降に向けてのチーム作りの準備を進め始めている。

ドラフトエントリーの期限が迫る中、2018年ドラフトで1巡指名が確実視されている南カリフォルニア大学(USC)のQBサム・ダーノルドはまだドラフトエントリーを決断していない。しかし、仮にエントリーした場合、どのチームでもプレーする用意はあるようだ。


スポンサーリンク


記者からブラウンズから指名されたらどうするかを問われたダーノルドは、「どのチームに行くことになっても、そのチームのためにプレーできることを光栄に思うだろう」

NFLでプレーすることは長年の夢だった。自分に機会を与えてくれるチームは、かけがえのない存在だ」と話し、ブラウンズから指名されたとしても入団する考えを示した。

同じくドラフト上位指名が予想されているジョシュ・ローゼン(UCLA)は先日、明言は避けたものの、ブラウンズよりもジャイアンツから指名されたいという意向を示したばかりだ。

また、ダーノルドも以前はブラウンズからの指名を避けるためにドラフトエントリーを見送るという報道もされていたが、その懸念は払拭された。

ダーノルドは1年間赤シャツで過ごした後、2年間でパス成功率65.3%、57TD、21INTの成績。ローゼン、メイフィールドと並んでドラフト上位指名が予想されている。

関連記事USCのQBサム・ダーノルド、ブラウンズがドラフト全体1位の場合は大学残留も

スポンサーリンク