アメフトニュースまとめ

主に公式サイトが取り上げないような、アメフトニュースを中心に紹介します

ビルズ、WRワトキンスの5年目オプションを行使しない可能性も

f:id:sabarism:20170417000415j:plain

WRサミー・ワトキンスのルーキー契約に含まれている5年目オプションを行使するかについて、バッファロー・ビルズのチーム内で意見が分かれているという。5月2日が期限だが、結論が出るのはギリギリになりそうだ。仮にオプションを行使した場合、2018年シーズンには約1,300万ドルのキャップスペースが必要になる。



スポンサーリンク


ビルズがオプション行使を躊躇している理由はワトキンスの負傷歴だ。ワトキンスは足の負傷で昨シーズンの半分を欠場。足の手術を2度受けている。オプションを行使すると、2017年にワトキンズが負傷して2018年シーズン全休となっても、2018年にビルズはワトキンスに対して1300万ドルを支払う義務が生じることを意味する。ビルズがオプションを行使しなければ、ワトキンスが今シーズンに怪我をしても、2018年に1銭も支払う必要がない。

とはいえ、ビルズがオプションを行使しなければそれは大きな驚きだ。

現在23歳のワトキンス。過去3シーズンで37試合に出場し、153キャッチ、2459獲得ヤード、17TDの成績を残している。マイク・エヴァンスやオデル・ベッカムJrといった同期ドラ1WRと比べると成績はやや劣るが、ラン中心のオフェンスでプレーしてきたことを考えると十分好成績といえるだろう。

この件を報じたSal Capaccio氏も、ビルズはオプション行使をするとみている。

関連記事QBカトラー、現役引退を検討中か

スポンサーリンク