読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アメフトニュースまとめ

主に公式サイトが取り上げないような、アメフトニュースを中心に紹介します

レイダースQBカー、ガス欠で困っていた男性を助ける

f:id:sabarism:20170317015007j:plain

ベイエリアでDJ・音楽プロデューサーをしているRon Reeserはカリフォルニア州ダブリンの路上で車がガス欠になってしまった。ガソリンを調達するために遠くにあるガソリンスタンドまで歩こうとした時、近くに黒いSUVが止まった。中から降りてきたのは若い男性で、Reeserを車でガソリンスタンドまで送ると言ってきた。


Reeserはその男性の厚意に甘え車に乗り込んだ。Reeserはその善良な若い男性はただのどこにでもいる平凡な若者だと思っていた。しかしReeserが知らなかっただけで実はかなり有名人だったようだ。

車に乗り込みガソリンスタンドまでの道中二人は会話を交わした。Reeserは、

「彼はQBだと言ってきた。だから俺はカレッジのQBかと思ったんだ。俺は彼に何本目か聞いたんだ。そうしたら彼は『1本目だ』と答えた。」

「その後好きなチームを聞いた。そうしたら彼は『ちょっと偏ってるかもしれないけど、レイダースが好きだね。だって俺はレイダースでプレーしているから』と言ったんだ」

スポンサーリンク


「驚いて俺は名前を聞いたよ。そうしたら、『デレック・カーだ』と答えたんだ」

「彼は全然気取ってなかった。帽子をかぶってバスケットボールショーツをはいていた。最初意味がわからなかったよ。彼はただ運転していて俺を助けてくれたんだ。本当に良い気分になったね。他の人のために良いことをする人がまだ存在するんだと感じた。」

彼らは仲良くなり、電話番号を交換した。しかしそれだけではない。

Reeserは最後にこう言った。

「俺は小さい時からずっと49ersファンだった。でも去年は辛いシーズンだった。そして今回の出来事があって、俺はレイダースファンになりかけてるよ。」

参考記事:Broken-down DJ surprised to find out Derek Carr was driving him to get gasoline

関連記事E.J.マニュエル、レイダースと1年契約で合意

スポンサーリンク