読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アメフトニュースまとめ

主に公式サイトが取り上げないような、アメフトニュースを中心に紹介します

ジェイ・カトラーの移籍先は?

f:id:sabarism:20170224004634j:plain

シカゴ・ベアーズのQBジェイ・カトラー。

高年俸ながらここ数年けがに悩まされ不調に陥っている。

そのため今オフベアーズからトレードもしくは放出されることはほぼ確実視されている。

一部では引退報道も出ているが、仮に現役を続ける場合、関心を持つのは主にどこのチームだろうか?

49ers

この選択肢は非常に納得できるものだ。新GMのJohn Lynchは8年前にブロンコスがカトラーをベアーズへトレードした際、彼のことを「15年に1人の逸材」と評価していた。そしてシャナハン新HCの父、マイク・シャナハンはカトラーを11年前にドラフトで指名した人物だ。シャナハン新HCは「短期的な観点でQBは選ばない」と述べていたものの、カトラーは現在33歳。あと5年ほど活躍できるだろう。

ジェッツ

昨年ジェッツはライアン・フィッツパトリックに1200万ドルを支払った。今年カトラーに1250万ドル支払うかもしれない。

ビルズ

仮にタイロッド・テイラーに2750万ドル保証する気がないのであれば、ビルズはQBが必要となる。ビルズにとってカトラーは(最後にプレイオフに進出した)フルーティ・ジョンソン以来、最高のQBとなるだろう。しかしカトラーは2010年以来プレイオフ進出を果たしていないことを考えると、ビルズはカトラーを獲得すべきかどうか再考する必要がある。そしてカトラーもブレイディの2番手に甘んじるAFC東地区でキャリアを終えたいとは思わないだろう。

チーフス

チーフスがトニー・ロモを獲得するのは納得できる。スミスは彼が出せる最大限の結果を見せてくれた。(スミスにはチームをスーパーボウル出場に導くほどの力はないだろう)しかしカトラーが、ロモのようにスミスの上位互換となるとは思えない。

テキサンズ

オズワイラーに1700万ドル支払われることが保証されている以上、現在の年棒でカトラーを加えることはあり得ない。しかしどのチームもカトラーを欲しがらない場合、バックアップQBとして彼を加えることは十分考えられる。

ブロンコス

昨年キャパニックをトレードする試みは失敗に終わった。なぜならブロンコスは1年1200万ドルという大金をキャパニックに支払いたくなかったからだ。カトラーのブロンコス復帰が実現するかは、エルウェイと球団がカトラーにいくらまでなら支払うつもりがあるかが鍵となる。

レッドスキンズ

レッドスキンズがカズンズを引き留めるつもりがないのであれば、カトラーを獲得するという試みは十分考えられる。カトラーはカズンズと同じくらいの実力を持つ選手であり、その彼をカズンズの約半分の年棒で獲得することができるのだ。

参考記事

Looking at the teams that could be/should be interested in Jay Cutler | ProFootballTalk