読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アメフトニュースまとめ

主に公式サイトが取り上げないような、アメフトニュースを中心に紹介します

レッドスキンズ、グルーデンHCの契約を2年延長

f:id:sabarism:20170305181750j:plain

ワシントン・レッドスキンズは4年目を迎えるジェイ・グルーデンHCと2年間の契約延長を果たした。

John Keim氏によると今回の契約は、元の5年契約をさらに2年延長するものだという。つまり2020年まで契約下となる。

レッドスキンズを指揮した3年間の勝敗は21勝26敗1分。プレイオフに1試合出場した。2015年にNFC東地区優勝を果たしプレイオフに進出した他、昨年も最終週までプレイオフ進出の可能性を残した。

1999年にダン・スナイダー氏がオーナーに就任して以来、HCと契約を延長するのはこれが初めてだ。もしグルーデンHCが2018年も指揮をすれば、レッドスキンズにとっては1994年から2000年までHCを務めたノーブ・ターナー氏以来初めての4季以上HCを続ける指揮官となる。

グルーデンHCは元QBだったことからQBの育成に定評があり、ベンガルズのOCを務めていた際はアンディー・ドルトンの成長に寄与した。そしてレッドスキンズに来てからはカーク・カズンズを一流のQBに育て上げた。残念ながらカズンズとの長期契約はいまだ結べていないものの、レッドスキンズは2年連続でフランチャイズ指定をしてカズンズを引き止めることに成功した。

関連記事:QBカズンズが49ersに移籍する可能性が浮上

もし来季も昨シーズンの成績を上回ることができれば、QBカズンズとグルーデンHCのコンビをしばらく見ることができるだろう。

参考記事