アメフトニュースまとめ

主に公式サイトが取り上げないような、アメフトニュースを中心に紹介します

ペイトリオッツ、QBガロポロをトレードしない見込み

f:id:sabarism:20170302111306j:plain

今オフ最も注目を集めていたQBの一人、ジミー・ガロポロ。当初の予想ではトレード要員とされていたが、どうやらペイトリオッツはガロポロをトレードする気はないようだ。

ルーキーイヤーの最終年を迎えるガロポロ。これまで49ers、ベアーズ、ブラウンズ、テキサンズといったチームが熱い視線を向けている。しかし、ペイトリオッツは彼をトレードしなければいけないというプレッシャーを感じてはいないようだ。

バッカニアーズの元GM、Mark Dominik氏は

「人々が思っているよりも、ペイトリオッツはガロポロに価値を見出している」

とツイート。

なぜなら、ブレイディは今年40歳。衰えは見えないが、いつ衰えが急に訪れるかはわからない。その時に確実にバックアップできる QBをペイトリオッツは必要としているからだ。

一方で、ペイトリオッツがガロポロのトレード価値を上げるためにトレードしない意思を示しているのではと疑う声も出ている。

CBSスポーツのコラムニスト、Pete Prisco氏は「ペイトリオッツがガロポロをトレードしないとは信じられない。おそらくトレード価値を釣り上げるための戦術だろう」とツイートしている。

ガロポロは2014年のドラフト2順でペイトリオッツから指名された。2017年にルーキー契約の最終年を迎える。2016年シーズンはパス成功率68.3%、502ヤードを投げ、4TD、0INTと安定した成績を残した。トレードされなかったとしても、来オフにFAとなり先発として出場できるチームへ移籍するだろう。

参考記事

Patriots Trade Rumors: Jimmy Garoppolo Reportedly Not Expected to Be Moved | Bleacher Report

Patriots Not Expected To Trade QB Jimmy Garoppolo - NFLTradeRumors.co

関連記事