アメフトニュースまとめ

主に公式サイトが取り上げないような、アメフトニュースを中心に紹介します

ベアーズGM、全体2位指名QBトゥルビスキーは「今季の先発争いに加わらない」

今ドラフトの最大のサプライズは全体2位でシカゴ・ベアーズがトレードアップしてQBミッチェル・トゥルビスキーを指名したことだろう。トゥルビスキーは今後ベアーズを支えることが期待されるが、2017年は先発争いに加わらない見込みだ。


ライアン・ペースGMはドラフト後の記者会見で「先発QB争いは行わない。今はグレノンが私たちのQBだ。今年はトゥルビスキーの育成に専念し、グレノンにチームを勝利に導いてもらう」と述べ、開幕戦はグレノンが先発を務めると明らかにした。

スポンサーリンク


ペースGMはトゥルビスキーが先発になる時期を明言しなかった。しかしベアーズは来季安くグレノンを解雇できる契約になっている。そのため早ければ2018年にトゥルビスキーがベアーズのフランチャイズQBになるだろう。

一方で、過去に高順位で指名されたQBがルーキー時代には出場しないことはまれであることは注目すべきだ。全体10位以内に指名されたQBで1年目に先発しなかったのはタイタンズのジェイク・ロッカー(2011年全体8位指名)が最後だ。

関連記事QBカトラーの代理人が引退報道を否定

スポンサーリンク