読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アメフトニュースまとめ

主に公式サイトが取り上げないような、アメフトニュースを中心に紹介します

ブラウンズ、QBオズワイラーを放出する見込み

f:id:sabarism:20170310110434j:plain

FA解禁初日、クリーブランド・ブラウンズヒューストン・テキサンズが衝撃的なトレードを発表した。

ブラウンズはQBブロック・オズワイラーを獲得し、さらに2018年のドラフト2巡指名権、2017年ドラフト6巡指名権を得た。

テキサンズは2017年ドラフト4巡指名権を得たほか、ブラウンズがオズワイラーのサラリーを肩代わりするため、サラリーキャップを1000万ドル(約11億円)浮かせることができる。

しかし来季オズワイラーがブラウンズの先発QBになるわけではないようだ。

関連記事:ブラウンズ、QBオズワイラーの代償に3巡指名権を要求

スポンサーリンク


Ian Rapoport氏によると、ブラウンズはオズワイラーを再びトレードすることを検討しているという。仮にどのチームも手を上げない場合は放出する見込みだ。ブラウンズは、2018年2巡指名権と2017年6巡指名権を獲得する代わりにオズワイラーの年俸1600万ドル(約18億円)を肩代わりしたことになる。つまりブラウンズは、18億円で2つのドラフト指名権を購入したと考えればわかりやすいだろう。

ブラウンズはオズワイラーではなく、ペイトリオッツの控えQBガロポロ獲得に意欲を見せている。先日、ペイトリオッツはガロポロをトレードしないという報道もあったが、ブラウンズは代償として2017年1巡指名権(全体12位)を差し出す用意もあるようだ。しかしそれでもペイトリオッツが応じるかどうかはわからない。

関連記事:ペイトリオッツ、QBガロポロをトレードしない見込み

昨シーズンは最大の注目を集めていたQBオズワイラー。1年でここまで落ちぶれてしまったのは寂しいが、他のチームでのさらなる活躍を祈るばかりだ。

スポンサーリンク