アメフトニュースまとめ

主に公式サイトが取り上げないような、アメフトニュースを中心に紹介します

レイブンズTEピッタ、股関節の再脱臼で現役続行は絶望的か

f:id:sabarism:20170603222023j:plain
ボルチモア・レイブンズのTEデニス・ピッタが金曜日の練習で股関節を脱臼した。これはピッタにとってキャリア3度目となる脱臼で、現役続行にクエスチョンマークがつくこととなる。


先週、ピッタは記者団に「股関節に関する質問は受けない。調子はとてもいい。普通のオフシーズンの練習をできるだろう。」と話していたばかりだった。

ピッタは負傷して救急車で運ばれる際に、「感情的」になっていたという。そして、NFL Networkはピッタに近い関係者の話として「現役引退が濃厚」と伝えている。


スポンサーリンク


レイブンズのニューサムGMは、「デニスだけでなく、レイブンズにとっても、とてつもなく残念なニュースだ」とした上で、ピッタは「もっとも偉大なレイブンズの選手の一人でチームを良くするために全力を尽くしてくれた」との声明を発表している。

2016年、ピッタはチーム最多、TEとしてはリーグ最多の86キャッチを記録した。これまで2度の股関節の怪我を経験しており、前回2014年に怪我をした際は、2014年シーズンの13試合と2015年シーズンの全試合を欠場した。

レイブンズのQBフラッコはこれでもっとも重要なパスターゲットを失ったことになる。 ピッタの下に控えるTEのクロケット・ギルモアとベンジャミン・ワトソンは共に堅実な活躍が期待できる選手だ。また、外に目を向けるとゲイリー・バーニッジやラダリウス・グリーンも選択肢となるだろう。

関連記事タイタンズQBキャセル、親指の怪我で6週間離脱へ

スポンサーリンク