読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アメフトニュースまとめ

主に公式サイトが取り上げないような、アメフトニュースを中心に紹介します

グッデル・コミッショナー、ジレット・スタジアムで開幕戦観戦へ

f:id:sabarism:20170329230129j:plain

2015年に起こった「デフレート・ゲート」以来初めて、NFLのロジャー・グッデル・コミッショナーニューイングランド・ペイトリオッツの本拠地ジレット・スタジアムに足を踏み入れることになりそうだ。

スポンサーリンク


オーナー会議が開かれているフェニックスで、コミッショナーは記者団に対して開幕戦を観戦する意向を明らかにした。開幕戦は前年優勝チームの本拠地で行われるため、2017年はジレット・スタジアムで行われる。コミッショナーが最後にここを訪れたのは奇しくも問題となった2014年シーズンのAFCチャンピオンシップ、ペイトリオッツ対コルツ戦だった。

その後は露骨にジレット・スタジアムを避けていたコミッショナー。今年のAFCチャンピオンシップではペイトリオッツファンが「グッデルはどこだ?」というチャントで不在のコミッショナーを批判していた。

コミッショナー自身は2年半ぶりのジレット・スタジアム観戦について「気まずくない」と話した。

しかし一方で選手やファンは違った感情を抱いているようだ。ペイトリオッツTEグロンコウスキーは2月にこう話している。

「そもそも彼はボストンの空港に降り立つことすらできないだろう。ペイトリオッツファンはもっとも忠実なファンだ。言っとくよ。もしスタジアムにグッデルが来たら、ファンがグッデルをつまみ出すよ」

2年半ぶりの観戦が平穏に終わることを祈るばかりだ。

関連記事ドルフィンズオーナーがレイダース移転に反対した理由

スポンサーリンク