アメフトニュースまとめ

主に公式サイトが取り上げないような、アメフトニュースを中心に紹介します

ジャイアンツルーキQB、休日返上でトレーニング

2017年ドラフト3巡指名でニューヨーク・ジャイアンツに入団したデイヴィス・ウェッブ。彼がただちにジャイアンツの先発を務める可能性は低いが、彼はそれに甘んじていない。他の多くのNFL選手が6週間の休暇をエンジョイしている中、ウェッブは自分の心身の鍛錬に励んでいる。



スポンサーリンク


「今月は重要だ」とウェッブはNYポストに語った。 「俺はプレイブックなどを毎日勉強するつもりだ。これが今の俺にとっては大事なことなんだ。確かに今の時期はフットボールから離れて楽しく過ごすのにぴったりだ。でも俺はそんなことをしてる場合じゃない。休もうと思えば2,3日休むこともできるけど、休むつもりはないよ。」とオフの休みを返上して、フットボールにフルコミットしていると話した。

ウェッブは、OTAでプロのレベルの高さに少し圧倒されたと認めた。ただ、ミニキャンプに入り徐々に順応することができたという。しかし、
「俺は完璧主義者なんだ。だから自分自身に対して厳しくなってしまう。まだ改善できるところがたくさんあるし、もっと上手くなれると思う。」と話す。

スポンサーリンク


ウェッブにとってジャイアンツほど環境が整っているチームはないかもしれない。ジャイアンツにはイーライ・マニングを筆頭に、ジーノ・スミス、ジョシュ・ジョンソンと経験豊富なQBが揃っている。

ウェッブ本人も「この環境に感謝しているし、恵まれていると感じている。」と語っている。

多くのベテランQBの下で学びながらプレーできるのはラッキーなことだ。将来ウェッブがジャイアンツのフランチャイズQBになっている可能性は大いにあるだろう。

関連記事ドルフィンズHC、昨年マニングに現役復帰を打診していた

スポンサーリンク